食やアレルギーの話

食やアレルギーの話 · 12日 4月 2019
サラダ油を代表とする種子油または植物油脂が体によくないよということがどんどんわかってきています。 血管が詰まりやすくなったり、体のホルモン分泌作用を乱す環境ホルモン性が強かったり、癌になりやすくなったりとかなりの悪評です。 特に良くないのはパーム油や菜種油、大豆油なんかは体に良くないのは確定的です。...
食やアレルギーの話 · 11日 4月 2019
睡眠は健康に大切っていうのは当たり前で、なんでも睡眠中に脳みその新陳代謝が活発になって細胞が回復していくんだとかなんだとか。 睡眠不足が健康に悪いのは間違えないんですが、しっかり寝る事がなんで健康に良いのかというのはあんまりはっきりしていないらしんです。 そんな中で睡眠はアレルギー対策にもなるよぉという話をみました。...
食やアレルギーの話 · 08日 5月 2018
「交感神経と副交感神経end」 交感神経と副交感神経が作用する要素とそれによる体への影響について羅列していきます。 最後に自分なりのそれらについての解釈を記します。 「交換神経が働く要素」 ・運動 運動をするとアドレナリン等のホルモンが分泌され心拍数の上昇などを促します。 ・精神的緊張ストレス...
食やアレルギーの話 · 07日 5月 2018
「交感神経と副交感神経①」 「交感神経」や「副交感神経」というのは自律神経系に属します。 自律神経とは意識とは関係なく無意識下で生命維持をするために体を機能させてくれる神経のことを言います。 交感神経は体をきゅっと締めて運動能力を上げたり、免疫細胞も活性化したりすることで、体の防衛反応を強くします。...
食やアレルギーの話 · 29日 4月 2018
「アレルギー発症のメカニズム」 アレルギー反応はアレルギーを持つ特定の物質(アレルゲン)によって引き起こされます。 例えばグルテンアレルギーの人はこのグルテンがアレルゲンとなっています。 アレルギー反応には「即時性アレルギー症状」と「遅延型アレルギー症状」の二種類があります。...
食やアレルギーの話 · 19日 4月 2018
「フタル酸エステル類」 フタル酸エステル類という成分が体に良くないという話を聞いたので調べて見ました。 フタル酸エステル類は主にプラスチック等を柔らかくするための可塑剤として使用されています。 洗剤等の柔軟材としても使われていますね。 他にも化粧品や香水、プラスチック製品等など身近な製品の至る物に含まれている成分のようです。...
食やアレルギーの話 · 12日 4月 2018
「筋肉増大と砂糖の関係」 僕は断糖を良しとしています。 中には「砂糖をとった方が筋肉がついて強い身体になる」という考えもありますが、僕は間違いではないだろうかと思っています。 正確には砂糖は「筋肉をでかくするが、決して強い身体になっている訳では無い」ということではないかと考えています。...
食やアレルギーの話 · 22日 3月 2018
「コレステロールと健康」 油と健康の関係で切り離せない問題となるのが「コレステロール」です。 よくコレステロールはスリムボディと健康な体にとって最大の敵と言われていますね。 本当にコレステロールって体にとって悪者なのでしょうか? という事でコレステロールについて調べて見ました。...
食やアレルギーの話 · 22日 3月 2018
「植物油のお話」 砂糖の話のおまけに植物油脂について調べてみました。 僕が砂糖の他に食に関して気をつけていることは「植物性油脂」です。 植物性油脂について調べていくと、摂取するメリットは少なくデメリットが多い事が分かってきました。 それらの調べた内容を簡単にまとめてみました。 「植物油の種類と性質」...
食やアレルギーの話 · 18日 3月 2018
「断糖の大きな壁」 ここまでの記述で砂糖がどれほど体に害があるかがよくわかったと思います。 これならば砂糖なんかきっぱりやめよう。そう思う人もいると思いますが、そこには大きな壁が存在します。 それが「依存」です。 これを知らずして断糖を成すことは難しいと思いますのでこのメカニズムについて徹底的に掘り下げていきます。 「砂糖の依存性」...

さらに表示する