· 

人を嫌いになること

人間生きていると人付き合いは必ずあります。

仕事にしてもプライベートにしても社会の一員としてもです。

苦手でめんどくさくってもこれは変えようもない事実。

人の性格や感性や思想は百人百様なので、自分と気が合う人もいれば合わない人も興味のない人もいっぱいいます。

人付き合いをする上で大切だなぁと思う要素に「好き嫌い」があります。

好きな人と一緒にいると気分があがりますし、嫌いな人といると当たりませですけどやる気が下がっていきます。

でもこの感覚ってとても大事で、全ての人とフラットに付き合おうと思って好き嫌いの感情を抑えていると、自分の感情の行き場がなくなって逆にストレスが溜まってしまいます。

フラットなお付き合いが上手に出来る人は感情を抑えているのではなく、論理的思考によって自分の感情を上手にコントロールしているんだそうです。

コントロールが出来ているって自分で認識出来ている場合はストレスってかなり軽減されるんです。

逆にコントロール出来ていない場合はストレスが激増するんです。人間はそういうものらしいです。

でもコントロールって中々難しくて賢くない人にはとても難関。僕なんかはかなり苦戦しています。

 

自分の人付き合い苦手克服法は今のところみつかってなくて、きっと一生涯見つからないのだろうなぁと思っています。

人付き合いが苦手で論理的思考でコントロールする事も今のところ難しそうなので、そこは諦めようかとおもいます。「諦めは後退ではない。這い上がるための大きな前進だ!」と誰かが言っていました。

そこでこれからはもうすこしはっきりと「好き嫌い」をしていこうかなって思います。

嫌いな事は「嫌い」好きなことは「好き」。

嫌いな事はどうして嫌いなのか、好きなことはどうして好きなのか。

自分の中で好き嫌いの感情を思考に変えて明確にできるようになろうと思います。

好き嫌いが

明確になっていけば、嫌いなものは避ける。好きなものは貪欲に取り組むことが出来るので自分自身をコントロールして行くことが出来るのではないかと思います。

なんでも上手に出来ればいいですけど、人それぞれ。自分に出来ることと出来ないことを受け止めて自分にあった形を見つけていかないといけないんだなぁと思う次第です。

 自分がそうだから出来るだけ相手の事も理解してあげる努力も大切にしていきたいなぁと思います。