· 

自己性格診断

その人の性格を五つのバロメーターに分類して長所と短所を探る事が出来る「ビッグファイブ」診断をしてみました。

・外交性

・協調性

・誠実正

・神経症傾向

・開放性

この五つの性格能力値を見て自分がどんな事に向いていてどんな事を苦手としているのかが割と正確にわかるんだとか。

 

診断結果は、

神経症傾向が強くて、不安やプレッシャーに弱く過去の嫌な思い出をかなり引きずるタイプのよう。確かに嫌な思い出を思い出すことが多かったり。

誠実性は高くて、真面目みたい。誠実性を欠いた事をして自分にがっかりしてしまうと神経症もあいまってかなりモチベーションが下がるので、仕事に関しては真剣に取り組むことを心がけていきたいところ。

外交性は平均以下でここは予想通り。中々リラックスして話をすることができなくて一服中や休憩時間が一番頭が疲れたりするような。

開放性も低いことから、人付き合いによるちょっとしたトラブルでも気にしやすいタイプのようなので、そういったトラブルは極力避けたほうがいいみたい。

 

診断結果からしても、人付き合いを上手に皆で協力し合って取り組む仕事はやっぱり向いていないような(笑)

うーん一人で自由に作業するほうが向いているのかなぁ。