· 

電気屋さんとの話 「誠実に仕事に向き合えば大丈夫、文句を言わずに一生懸命に頑張るだけでいい」

この前、応援に伺った現場で初めてお会いする電気屋さんから、良い言葉を聞かせていただきました。

「誠実に仕事に向き合ってれば大丈夫!文句を言わずに一生懸命に仕事に向き合うだけでいいよ。」と声をかけていただきました。

色々な人に出会う中で、凄いなと思う人たちは皆誠実さを大切にしているように思います。

きっと誠実さは人付き合いやその人の信頼性に大きく関わってくるからなんだろうなぁと思います。

自分の経験だと、誠実に仕事に向き合うには、自分が仕事に魅力を感じている事や、その仕事に対して責任が自分に向けられていることが大切だと思うんです。

責任がなければ、「まいっか」という気持ちが出て来ることがありますし、魅力的な仕事でない限り「やる気」が出ないこともありますし。

それを考えると誠実に仕事に取り組み続けるには自分がつくりたい物+相手が作って欲しいと思うものが合致するものづくりが出来ていければいいんだろうなぁと感じました。

それには技術力も設備も知識力もセンスも経験値も資金力もそれに見合った物が必要になると思うので、長い目で長距離走のつもりで黙々と全身していこうと思います。。

ずーーと先を見たって出来ることは「今」しかないので今誰かの力になれる事を大切に頑張っていこうかなって思います。