· 

テレビアンテナの種類と選び方と施工方法について

知り合いの方からテレビアンテナについて質問されたので、納得のいくまで調べてみようと思いました。

中継局の位置はこちらで確認できます。

 


テレビアンテナ本体の価格

「八木式アンテナ」

よく見る地デジアンテナ。受信感度が高い。

1600~9500円

 

「デザインアンテナ」

見た目アンテナっぽくない綺麗なやつ。壁付タイプで見た目スッキリ。受信感度はやや劣るがほとんどの地域では大丈夫。映らないところは極稀。今後こっちのアンテナが主流になる。

4300~11750円

 

「地デジ室内用アンテナ」

低価格で室内での設置でTVをみられる。

電波強度が強い場所でした受信できない。

見えるような位置に送信局があるような場合は十分に電波が強いのでおすすめ。

TV一台分しか対応できない。

 

1100~4500円

 

「BS・CS110℃アンテナ4K8K対応」

BS衛星放送・BS4K8K放送・CS衛星放送受信用

7210~13000円

 

「BS・CS110℃アンテナ(4K8K非対応)」

BS衛星放送・CS衛星放送受信用

3400~10400円

 

「ブースター」

受信した電波を増幅させて複数の部屋でもテレビを見れるようにする設備です。

4k8kを見たい場合は、それに対応したタイプのものを使用する必要があります。

点検口近くに設置されている場合が多いです。

ブースターは二台以上のトレビと接続する場合は必需と考えたほうがいいです。

また、地デジとBSの両方に対応したブースターの場合は、ブースター本体に二つのアンテナを接続して、一本にまとめてくれるので、混合器の役割も果たしてくれます。その場合はブースター本体のみで混合器は不要となります。

3500~9500円

 

「分配器」

受信したシグナルを各部屋に分配するために使います。

580~5700円

 

「混合器・分波器」

TV配線は、住宅ないで一本の配線で行うのですが、そうなると、地デジとBSの受信を一本の配線にまとめて送ることになります。

そのために「地デジシグナル」と「BSシグナル」の二つを一つのシグナルにまとめるために、「混合器」をしようして各部屋に配線をします。そして、テレビに「地デジシグナル」と「BSシグナル」を送るために、「分波器」をつかいます。


アンテナケーブル

アンテナケーブルには太さ違いで「2Cケーブル」「4Cケーブル」「5Cケーブル」があります。

2Cケーブルは一番細くて、主に室内でのテレビ周りの使用に使います。

4Cケーブルは主に室内での5~10mくらいの配線に使います。

5Cケーブルは主に各部屋に分配する配線に使用されます(10m以上の配線)。

またプラグ式はプラグ式とねじ込み式があるので、ねじ込み式の場合は、F型プラグは適用できないので注意です。


BS・CSテレビの施工方法

BS・CS放送の衛星は南南西に位置しています。そのため、南南西にアンテナを張ることができるのかが第一の問題になります。

もし、地デジアンテナのついている場所に設置することが難しいのであれば、BSアンテナの設置箇所から、地デジの同軸配線を合流させる必要があるので、その施工経路を確保しなくてはいけません。

場合によっては、後付けのBSテレビの配線をグルッと外壁を回して、地デジアンテナのところまで配線する必要があります。地デジアンテナの位置でブースターで接続して、各部屋に分波器を設置してテレビに配線をします。

他の可能性としては、屋根裏に地デジアンテナの配線があれば屋根裏で接続したり、浴室の点検口に配線があれば、そこに外壁から通線をして接続をする方法があります。

 

 

上記のように、地デジアンテナの位置によって、施工が少し難しくなります。

新築でBSアンテナの設置も考えている場合は、地デジアンテナの位置はBSアンテナも取り付けられる位置に設置したり、BSアンテナを設置するルートをあらかじめ考えて配線ダクト等を経由していると後々施工がしやすいように思います。


分配器の選び方

分配器は受信した一つの信号を各部屋に分配するために、信号を分配する装置のことをいいます。

この分配器の選び方としては、

①いくつ分配することができるのか。ちなみに後付けで分配器の信号をさらに分配することも可能。信号が弱くなってしまったのなら、さらにブースターを繋げて信号を増幅させればよい。

②全端子型を選ぶ。

全端子型と1端子型というものがあるのですが、これは電源供給源が一つなのか、それとも接続したすべての端子が電源供給源になるのかということになります。

アンテナの電源供給はテレビを経由して行われますが、1端子型だと、電源供給をしているテレビは一台だけで、その一台が電源OFFになると、他のテレビも見られなくなってしまいます。なので全端子型の方がいいと思います。


ブースターの選び方

ブースターには地デジ対応のものと、地デジ+BS/CS対応のタイプがあります。

BS/CSも見たい場合は、両方対応のものを選びます。

悩んでおられる方も、とりあえず両方対応の者を選んだほうがいいと思います。

地デジのみの対応の場合は、混合器を後付けしなければいけないので、その手間と金額を考えると、少しロスに感じるからです。

悩んだら両方対応のものを選んでおけば間違いないです。

 

またブースターはブースター用電源供給装置と同軸ケーブルで接続(供給装置はAC100Vと接続)する必要があります。新築の場合の多くは、屋根裏やユニットバス点検口などの裏っかわで電線及び同軸ケーブルと接続されています。経路としては、アンテナ→ブースター→電源供給→分配機→各部屋へといった形になっています。また、電源供給はブースター以降の位置であればどこでもいいのですが、施工の都合やトラブル等を考えると上記がベストだと思います。

分配機以降に設置する場合は、分配機の電通側で接続する必要がありますが、分配機が全通タイプであれば気にする必要はありません。


素子数とは

アンテナの性能の一つに「素子数」があります。

素子数が多きほうが電波の受信感度が高く、ノイズも減少するそうです。

高層ビルが乱立していたり、電波の弱い地域、壁付デザインアンテナを利用したりする場合は少し、多めの素子数を選んだほうがいいかもしれません。

 


知ってると便利かもしれない商品

「床置き型自立スタンド」

「床置き型自立スタンドよう転倒防止重り」

「隙間ケーブル」・・・窓に通してもサッシを閉めることができます。

「同軸連結線」・・・同軸線の連結に使います。

「nasne]・・・主にプレイステーション4と連携して使うことになるのですが、優先ネットワークに接続できれば、アンテナから受信した番組を見たり録画したりすることができます。最大のメリットは無線接続で、「地デジ」や「CS/BS」放送を見ることができること。BSアンテナと地デジアンテナの接続が難しい状態でも、各部屋でBS放送を視聴する事が可能です。nasneを2台使用して、無線接続でTV・PC・スマホと接続すれば、通常のTV配線と同じように視聴や録画を行うことができるのでおすすめです。