· 

トイレの床材のおすすめ

トイレの床材は基本的にはなんでも大丈夫です。

床材の厚みによっては多少配管の延長などが必要になりますが、対応は可能です。

ただ薄い床材の方が段差はつきにくいですし、配管の延長もなく適していると言えます。

そのため、多くはクッションフロアーという、1~3ミリ程のビニル製の床マットのようなものを張る方法が主流です。施工方法は床に接着剤を塗布してマットを接着させます。カッターで切断しながら綺麗に貼り進めるという方法です。とてもお手軽でおすすめです。

ただ個人的にクロス貼り作業は苦手なので、その他の材料でよい仕上げ方法を調べてみました。


今回はトイレに限定した床の張替え施工を対象にしているので、「薄いこと」「施工性が簡単であること」の二つに重視してピックアップしてみました。

基本的にはどんな厚さの床材でも施工は可能ですが、配管の延長を必要としたり、段差が出来てしまうため施工時間が増えてしまいます。やはり薄手の方がメリットが大きいと思います。

 

①床に置くだけタイプ

②床に貼るタイプ

③サネ付きはめ込みタイプ

この3つのタイプに分けてまとめていきます。

 


①床に置くだけタイプ

裏面にゴムが付いていて滑り止め加工がされているものになります。

カッターでカットが可能で施工性抜群です。

癖がつかないように4~5ミリ程の厚さになっていまs。

 

おくだけフロアタイル 1.8㎡ 6500円~ 4.5mm厚 ○おすすめ

フロアタイルブルックリンスタイル 1.8㎡ 7500円~ 4ミリ厚 ○

デコセルフ 1.8㎡ 7500~ 5ミリ厚

euca 2.3㎡ 7500~ 5mm厚 おすすめ

 

 


②床貼りタイプ

裏面にテープがはってあり、床にそのまま貼るだけの簡単施工です。

暑さは2~4ミリ程度のものが多いです。薄いため、一度はがすと破れやすくなっているので貼り付けの際は注意が必要。

 

貼るだけフローリング 1.8㎡ 3500円~ 古材調の色合い 1.5mm厚

木目調フロアタイル  1.8㎡ 3500円~ 木目調 1.5mm厚 ○ おすすめ

NODA ピノイエリフォームフロア 3.2㎡ 13000円~ 3・5ミリ厚○

デコウッド 3.3㎡ 9000~ 2mm厚

1.5mmWPBリフォームフロアー パナソニック 3.3㎡ 12000~ 1.4mm厚


③はめ込みタイプ

接着剤不要で、周りにサネがついているのでカチっとはめ込んでいくタイプです。

不陸にもなりにくく使いやすいと思います。

 

・壁紙屋本舗 はめ込みフローリング 1.8㎡ 8500円~ 4mm厚○

・全備 デコリカクリック 2㎡ 8600円~  4.5mm厚○

床ピタウッド 2.2㎡ 7600円~  4.2mm厚○

クリックオンプレミアム 1.8㎡ 9500円~ 4.5mm厚

Gロックフローリング 1.8㎡ 6500円~ 4mm厚 ○ おすすめ