· 

INAXのトイレについて

INAX・LIXILさんのトイレはバリエーションが豊富で、機能も豊富、カラーバリエーションも豊富なところが特徴です。

沢山の種類がありますが、まとめてみようと思います。


<アメージュZ>

アメージZは便器本体と、便座を別々に選択して組み合わせる「組み合わせ型トイレです」。

 

本体の選択方法は「アクアセラミック加工」の有無と「手洗い器」の有無を決めます。

「アクアセラミック加工」がされているもので、より汚れがつきにくくなっています。

便器本体の価格大破35,000~50,000円程になります。

 

次は便座部分です。

まずは「KB・KA」シリーズです。

KBは便座に付属のパネルで操作するタイプで、

KAは壁掛リモコンを操作するタイプになります。

さらにどちらのシリーズも下位モデルから「21」・「22」・「23」の三つに分類します。

「21」はベーシックモデルで、「おしり洗浄機能」や「便座暖房」等がついています。

「22」は21の機能にさらに「温風乾燥」が追加されています。

「23」は21の機能にさらに「プラズマクラスター空気清浄」が追加されています。

価格帯は3~5万円となります。

 

次の便座シリーズは「New PASSO」です

こちらも上記タイプと標準機能は変わりませんが、グレードによって追加機能が変わってきます。

下位モデルから「21」「22」「23」「24」の四つがあります。

「21」モデルは、内部を強力脱臭する「エアシールド脱臭機能」が追加されます。

「22」モデルはさらに、ノズル部分を銀イオンでさらに清潔に保つ「ノズル除菌」・「温風乾燥」が追加されます。

「23」モデルはさらに、「フルオート便座開閉」と夜間に優しく照明を照らす「ほのかライト」が追加されます。

「24」モデルはさらに、「プラズマクラスター鉢内除菌」が追加されます。

価格帯は、6~10万円ほどとなります。

 

最後は「KーEXTRA」です。

この機種の一番の特徴は、ダイヤル式で操作するおしり洗浄機能です。

優しさや強さ、形状をつまみ一つで調節ができます。

グレードは2種類あり「K45」と「K47」があります。

「K45」の主な追加機能は、機能性が高い「おしり洗浄機能」の他「フルオート便座開閉」・「ほのかライト」です。

「K47」では「温風乾燥」と「プラズマクラスター鉢内清浄」が追加されます。

価格帯は6万5000~8万円程となります。

 

 

便座は、「KA・KB23」もしくは「New PASSO EA23」あたりが機能的でコストパフォーマンスにも優れているのではないかと思います。


<アメージュZA>

アメージュZAは、一体型のシャワートイレとなっています。

まずは、汚れが綺麗に落ちやすい「アクアセラミック加工」が必要かどうかを決めます。

こちらはおよそ5000円程でアクアセラミック加工が出来るので加工アリがおすすめかと思います。

 

次に手洗い器が必要かどうかを決めます。

手洗い器がなしの場合でもタンクの形は残りますので、デザインが気になる方は注意が必要です。

手洗い器が不要でスッキリ下形が好みの場合は下記の「プレアスLS」がおすすめかもしれません。

また手洗い器付きはおよそ3000円で追加可能になっています。

 

次にグレードを「ZA1」と「ZA2」の2種類から選択します。

ZA1タイプはすべての一体型トイレの中でもベーシックな機能を搭載しているモデルになります。

機能内容は、必要最低限な物が付属されており、「おしり洗浄機能」や「便座暖房」機能がついています。

ZA2タイプはさらに、便器から立ち上がると自動で洗浄をする「フルオート便器洗浄機能」が追加されています。

価格は11~12万円程となっています。

 

アメージュZAは「泡クッション」や「オート便座開閉」等の機能はついていませんが、必要最低限の機能が付属されており、機能的に十分であると判断出来る場合にコストパフォーマンスもよくおすすめといえるかなとおもいます。


<プレアスHS・LS>

続いてはプレアスHS・LSタイプです。

二つは同じ機能の同機種で、HSは手洗い付き・LSは手洗い器なしとなっています。

どちらもアメージュZAに機能を追加していった形になります。

手洗い器なしの場合はアメージュZAタイプとは違いタンクの形状もなくなり、ロータンク型になるので見た目もスッキリしています。

 

プレアスの中にも「4グレード」「5グレード」「6グレード」の3つのグレードがあります。

「4グレード」は「フルオート便器洗浄」機能がついており、

「5グレード」はさらに「温風乾燥」が追加

「6グレードは」さらに「フルオート便座開閉機能」が追加される形になります。

 

価格帯はおよそ12~16万円程となっています。


<アステオ>

続いてはアステオです。

高機能を揃えた機種になります。

まずは手洗い器の有無を決めます。

手洗い器がない場合でも、タンクの形は残るので、デザインが気になる方は注意が必要です。

手洗い器の有無は3000程の価格差となります。

 

グレードは「A5」「A6」「A7」「A8]に分かれます。

「A5」は基本的な機能に加えて、「ノズル高機能洗浄」・「ワイドビデ」等の豊富なおしり洗浄機能・「フルオート便器洗浄」・「温風乾燥」等が追加されています。

「A6」ではさらに「フルオート便座開閉機能」・優しい照明で夜間の眠気も妨げない「ほのかライト」が追加されています。

「A7」ではさらに、「鉢内プラズマクラスター脱臭」・「部屋暖房」機能が追加されています。

「A8」では「リラックスミュージック」・「呼び出しスイッチ」が追加されています。

 

価格帯は、14~21万円程となっています。


<リフォレ>

リフォレは背面収納一体型のトイレセットとなっています。

収納の形は「I型」と「L型」の二種類があり、どちらも慣れた職人さんなら一日でトイレから収納まで施工可能となっています。

低洗い器も収納に組み込むことができます。

 

トイレ自体の機能も豊富で、グレードは「H1~H5」に分かれています。

「H1」は「おしり洗浄」や「暖房便座」等ベーシックな内容になっています。

「H2」はさらに「温風乾燥」が追加され、

「H3]はさらに「ノズル高機能洗浄」・「エアシールド脱臭」・「ノズル銀イオン洗浄」等が追加され

「H4」はさらに「フルオート便座開閉」・「ほのかライト」が追加され。

「H5」はさらに「鉢内プラズマクラスター除菌」機能が追加されています。

 

価格帯は、プランによって13~30万円程となっています。

一緒に収納も設置したい場合に一日で完結できるためおすすめです。


<サティスS>

サティスsはINAX・LIXILさんの代表的なモデルの1つになります。

デザインもスッキリとした見た目となっています。

グレードは「S5」「S6」「S8」の三つになります。

ベーシックな「S5」タイプは便器を清潔に保つ機能や、「おしり洗浄機能」、「温風乾燥」等も付属しています。

「S6」はさらに「ほのかライト」・「フルオート便座開閉」が追加されます。

「S8」はさらに「部屋暖房」・「リラックスミュージック」が追加されます。

価格帯は17~23万円程となっています。

 

デザインがお好きな場合におすすめかと思います。


<サティスG>

サティスGは最上位モデルとなります。

デザインも丸みをおびてスッキリ下印象になっています。

飛び跳ね防止の「泡クッション」機能が付いていることが特徴的です。

また、ほかにはない便器自体が黒色だったり茶色っぽいものがあるのでほかにはないカラータイプとなっています。

グレードは「G5」「G6」「G8」となっています。

「G5」は他のモデルにはない「泡クッション機能」が付属されています。

「G6」はさらに「ほのかライト」と「オート便座開閉」が追加され、

「G8」では「部屋暖房」と「リラックスミュージック」が追加されています。

 

価格帯は20~25万円となっています。

 


<おすすめタイプ>

・最安価格

アメージュZ+KA・KB21の組み合わせトイレで、およそ8万円程になります。

最低限の便座暖房とウォシュレット機能があればオッケーという人におすすめです。手洗い器もつけれます。

 

・コストパフォーマンス型

プレアス中グレードタイプだと「温風乾燥」もついて12万円程。温風乾燥付きでは最安値となります。

「部屋暖房」が欲しい場合は「アステオA7」グレードが高機能かつ18万円~でもっともコストパフォーマンスが良くなっています。

「部屋暖房」機能+デザイン性ではサティスS8グレードが21万円とおすすめになります・

 

・最上位モデル

最上位モデルが欲しいときは「サティスG8」グレード一択で24万円~となっています。

トイレ自体のカラーもブラックがあったりと、特別な所有感も得られます。

 

・収納設置

リトイレついでに収納も取り付けたいという場合は、「リフォレ」がおすすめです。

無垢の木を使って制作するよりもずっとコストを抑えることができますし、一日で施工可能という点が大きな利点になります。

 


<施工の要点>

・床フランジの交換の可能性もあるので三栄水栓H800-8を必ず用意すること。

・120mm200mmの床フランジなしの場合は排水管形によってサイズ調整が必要なので、「CF-200AD」を用意しておくこと。