· 

果糖と糖尿病とお肉

果糖と糖尿病とお肉

果糖はインスリンを分泌はさせないが、インスリン抵抗性を促進させるという記事を見たのですが、よくわからなかったので調べてみました。

まずは糖質と体の反応において、重要な「インスリン」と「インスリン抵抗性」、「低血糖サイクル」についてですね。

 

「インスリン」

インスリンとは血糖値が上昇したときに、すい臓で分泌されるホルモン物質です。

血糖値を下げるために、脂肪細胞にブドウ糖を取り込み、中性脂肪と合成させようとします。つまり血糖を変換して体に脂肪をつけようとします。

 

「インスリン抵抗性」

インスリンの作用により脂肪細胞の脂肪量が限界になると、これ以上脂肪細胞に脂肪を貯蓄しないように、インスリンの作用を受けまいとする「インスリン抵抗性」が強くなります。

この状態になると、インスリンが効きづらくなり、体は血糖値をなんとか下げるべく、さらなる大量のインスリンを分泌するようになります。

 

「低血糖サイクル」

糖質を一基に摂取をすると血糖値が急上昇し、インスリンが過剰に分泌されます。

すると血糖値を下げすぎるあまり、逆に血糖値を上げるためのホルモン物質を分泌します。

それがアドレナリンや糖質コルチコイドというホルモン物質です。

アドレナリンは交感系を刺激するので、体が興奮して、血圧を高めたり、精神的に不安定な状態にさせますし、糖質コルチコイドは、肝臓の「糖新生(骨格筋を使ってブドウ糖を作成する機能)」を促します。

そうした作用によって血糖値を正常に戻そうとするのです。

低血糖状態では体がエネルギー不足になりますからね。


ここまでは体の正常の反応で問題がありませんが、低血糖状態時では手っ取り早く血糖値を上げるために、またもや甘いものを体が欲しがります。

糖新生は即効性がないので、その間に甘いものが欲しくなり、食べてしまうと、またもや高血糖状態に戻ってしまいます。

この繰り返しが低血糖サイクルです。悪循環ですね

低血糖サイクルでは、糖新生により骨格筋が使われ、インスリンの作用で脂肪量が増えます。つまり、太ります。

 

低血糖状態時にとても甘いものが欲しくなることから、砂糖は麻薬的反応を持っているといわれています。
コカインと同程度の依存性があるそうです。

 

 

それでは本題の果糖と血糖値の問題に踏み込みます。


果糖はブドウ糖とは違い血糖値に直接関係しないので、インスリンの分泌は促しません。

そのため、果糖はそのまま肝臓に入り込み、トリグリセリド(中性脂肪)に変換されます。

つまり果糖は脂肪の元になる中性脂肪を効率よく作り出してしまうのです。冬眠前の熊なんかも好んで果物を沢山食べていますよね。

果糖を沢山採った状態で、さらにそこにブドウ糖を摂取して血糖値を上昇させればインスリンが分泌され、果糖によって生まれた大量の中性脂肪とブドウ糖を脂肪細胞に吸収させ、次々と脂肪へと変換させていきます。つまりとても太りやすくなってしまうのです。

さらには、果糖の過剰摂取は、脂肪を効率よく生成するため、インスリン抵抗性も強めてしまう事も大きな問題点です。

インスリン抵抗性が強くなるとインスリンが過剰に分泌されるようになります。

さらに低血糖サイクルにより、糖質過剰摂取から抜けられなくなると、大量の血糖により、体の隅々で糖化が起こりはじめます。

糖化は様ざまな細胞にくっついて、細胞の機能を壊していきます。

最終的にはすい臓がインスリン分泌に疲弊したり、糖化によって機能を失うことによって、インスリンを分泌する事が出来なくなってしまいます。

そうすることによって、体の糖化はますます進み、ブドウ糖を吸収する事も出来なくなり、筋肉も減り、肝臓も糖新生に疲弊していき、体が衰弱していき次第に命まで危うくなってしまいます。

糖と体の反応はややこしい事になっていますが、大切な事ははっきりしています。
果糖の取りすぎに注意して、お肉等タンパク質は積極的に十分な量を摂取しましょうという事です。