· 

一枚板の削り出し

今日は加工場にて、杉の一枚板の削り作業
平面を出すために、電気ガンナを綾に掛けていましたが、なかなか平面にならない。
理由は長尺のため、全体的な捻れが取れていないから。
その後水糸を張って高い所を落として平面に。
こういった作業も理屈を考えて作業しないと。
後半でようやく待ちに待った鉋がけ。
楽しい。。
明日も楽しみだ!

帰宅後は鉋研ぎに玄能の仕込み準備。
いつも研ぎ跡が残ってしまうので、とにかく優しく研ぐ。ずっと傷が浅くなり仕上げも楽に。 
研ぎは優しくが大切。中研ぎの返りも小さくなり仕上げでとれやすい。削ろう会で見た鉋はこんなものじゃない。まだまだだ。

玄翁は頭をヤスリで削って、柄を絞りながらおさまるように仕込みます。

明日玄翁の柄入れをしていこうと思います。