· 

シックハウス症候群について勉強して

「シックハウス症候群を勉強して」

今回はシックハウス症候群について調べてみましたが、化学物質過敏症の方には死活問題ですし、健常者の方もアレルギー体質にならないためにとても大切な要素なのだとわかりました。

とにかく「ニオイ」のするものにはすべてアレルギー反応に関わる物質が含まれていると考えていいですね。

木のニオイ、塗料のニオイ、断熱のニオイ、接着剤のニオイ、芳香剤のニオイ等これら全てにおいて注意が必要です。

過敏症の方は特に敏感ですから、そういった人もおられることを理解した上で、使用する材料を一つ一つ検討していくことが大切なのだろうと思います。

また、住宅の構造を考えることで、シロアリ駆除剤が不要な計画にできたり、壁内や外部からの有害物質の侵入を防いだりする事も出来ると思います。

たとえば室内を気密シートで覆うことで室外からの有害物質の侵入を防いだり、床下や構造材全体を空調管理できるようにしたりといった感じです。

そういった設計計画やそれを可能にする技術力を身につけることが本当の健康住宅を造るには必要なのだと思いました。

とにかく今の生活には有害物質が溢れかえっています。

食にしても洗剤等の日用品にしても、住宅建材にしてもです。

これだけアレルギーを発生させる物質に囲まれていては、なんらかの病気になるのも当然だなとおもいます。

特にこれらの影響を強く受けてしまうのが「子ども」たちです。

電磁波にしろシックハウスにしろ、代謝が早い子どもたちはどんどんとそれらを吸収していってしまうのです。

僕は子どもが大好きだし、住宅建築が好きですから、この仕事を通して少しでもお客さんや子どもに優しい本当の健康住宅を造るために挑戦していこうと思います。