· 

シックハウス症候群について

「シックハウス症候群」

僕が経験してきた住宅のほぼ100%が合板や新建材を使った住宅でした。

つい最近も外部パネルにOSB合板をはったり、コーキングでガチガチに気密をとったり、床材もコンパネを貼ったり、外部胴縁に防腐処理加工された胴縁をつかっていた現場があり、その刺激臭に本当に人体に影響がないのだろうかと、あらためて疑問を感じました。

そこでシックハウス症候群について勉強する事にしました。

今回は、足立和郎氏の「アレルギーの人の家づくり」を読んでわかったことや調べたことを書いていこうと思います。

足立和郎氏は建築家であり大工もされています。

自らが化学物質過敏症に苦しんだ事から、長年の苦労や調べた情報が豊富に書かれており、論理的に説明されているので信頼ができる情報だと感じました。

 

「シックハウス症候群とシックハウス法」

シックハウス症候群とは、住宅環境において有害物質が発生することで、居住者にアレルギー反応を起こしたり体調不良を引き起こしたりする症状のことです。

現行のシックハウス法では13種類の有害物質が指定されています。

その中でも、使用禁止になっているものは、有機リン系の殺虫剤の「クロルピリホス」のみで、その他はある程度ならば使用しても良いということになっています。

よく聞くFフォースターのことですね。

指定13種の有害物質の中でも毒性が強いとされているのが「ホルムアルデヒド」です。

ホルムアルデヒドとは、ホルマリンが揮発したモノのことで、目や呼吸器系、粘膜等に急性炎症を起こすことや、発癌性が認められたために使用が限定されています。

 

ホルマリンは非常に不安定な物質ですぐに揮発してしまう特性をもっています。

そのため、Fフォースター商品はホルマリンが揮発しないように、他の物質と合成して安定化した状態で使われています。

例えばコンパネに使われていた「ユリア樹脂」はホルマリンと尿素を化学反応させて作られています。

このように化合物となればそれなりに安定はするのです。

しかし、湿度がある状態ではホルマリンが加水分解をおこすため、長期的にホルムアルデヒドを出し続けることがわかっています。

つまりFフォースター基準を満たしていようが、ホルムアルデヒドを含んだ建材は長期的にはホルムアルデヒドを出し続けているということです。

 

現行のシックハウス法のもう一つの問題点は、規制する範囲が狭すぎるということです。
たしかに空気中の有害物質には、指定された13種類の化学物質は減少しました。

しかしその他数百種類の化学物質量を加味すると、全体での有害物質量は全く変わりがないのです。

当然その数百種類の中には規制13種類と同等もしくはそれ以上に有害である物質も含まれていることでしょう。

ですから、そういった観点からではFフォースター商品を使うことで問題が解決することはなく、根本的解決には有害物質を含む建材を極力使わないことにしかないという事です。


次は実際に現場で使われている各種建材とシックハウス症候群の関係性について詳しく調べていこうと思います。