· 

コレステロールと健康

「コレステロールと健康」

油と健康の関係で切り離せない問題となるのが「コレステロール」です。

よくコレステロールはスリムボディと健康な体にとって最大の敵と言われていますね。

本当にコレステロールって体にとって悪者なのでしょうか?

という事でコレステロールについて調べて見ました。

 

人間は血中コレステロール値が高いと心疾患や脳血管障害を引き起こしやすいとされています。

しかしこれらは「相関関係」にあるだけで「因果関係」ではありません。

また、心疾患や脳血管障害の発症リスクには「高血圧」も関係していますが、これも相関関係にあるだけで因果関係ではありません。

ちなみに、「高血圧は万病の元」という認識がありますが、高血圧はむしろ認知症の予防や免疫力の向上等、メリットが大きくデメリットは少ないと考えられています。

そう考えると、高血圧自体は決して悪いことではなく、悪いのは血管を詰まらせたり硬化させたりすることによって結果的に高血圧を引き起こしている物質だと考えられます。

これらを理解した上で、悪性の「高血圧」の問題について考えていきます。

 

「高血圧の根本原因」

高血圧が起こる主な原因として、「アテローム性動脈硬化」があります。

このアテローム性動脈硬化の発生のメカニズムをといていきます。

血糖値が異常に高いと、「血管内皮細胞」が糖化して慢性炎症を引き起こします。

その炎症の修復に使用されているのが「コレステロール」です。

体の機能を修復してくれる「コレステロール」ですが、高血糖状態では、「糖化」したり「酸化」したりしてしまいます。

そして、酸化したコレステロールにカルシウムが沈着するとそれが「石灰化」を起こし、動脈が細くなったり硬化をしたりします。

それによって「高血圧状態」になるわけです。

この発症メカニズムの観点から考えると。コレステロール値を下げてしまっては血管の修復が間に合わず、血管が破綻し出血をします。

また血圧においても低下させていては必要な血流量がとれずに血管の修復が間に合わなかったり、脳の栄養欠乏によって認知症の発症リスクが増加したりしてしまいます。

というわけで、悪性の高血圧の根本的な原因はコレステロールではなく「糖質」であることが言えると思います。

また心疾患を引き起こしたり、ホルモンバランスを崩したりするキャノーラ油やパーム油、トランス脂肪酸のような植物性油脂も血液循環に異常をきたすと思われますから、やはり避けたほうがいいと思います。

 

できるだけ健康な体を保ちたいならば、「砂糖」と「植物油脂」は可能な限り摂らないようにして、
そのかわり美味しいお肉や野菜をしっかり食べることが大切なのではないかと思います。