· 

断糖の方法

「断糖の大きな壁」
ここまでの記述で砂糖がどれほど体に害があるかがよくわかったと思います。
これならば砂糖なんかきっぱりやめよう。そう思う人もいると思いますが、そこには大きな壁が存在します。

それが「依存」です。

これを知らずして断糖を成すことは難しいと思いますのでこのメカニズムについて徹底的に掘り下げていきます。

「砂糖の依存性」
まずは空腹と満腹の関係についてです。
血糖値が80~90mg/dlくらいになると「視床下部腹外側野」が刺激されて「空腹感」を感じさせ、
逆に140~150mg/dlくらいまで上昇すると「視床下部腹内側野」が刺激されて「満腹感」を感じるようになります。
また、食事をすると胃が膨らむことで、「副交感神経」が刺激され、視床下部内側野も刺激され、「満腹感」を感じさせ、
反対に、消化され胃が縮まると「交感神経」が刺激され、視床下部外側野を刺激して「空腹感」を感じるようになります。

 

しかし、糖質を過剰摂取すると、インスリンが過剰に分泌され、血糖値を下げすぎてしまいます。
このため、食後にも関わらず視床下部外側野が刺激され、「空腹感」を感じることが出来てしまいます。
血糖値を手っ取り早く上げるものは甘いものですから、脳は再び甘いものを摂取するように促します。

また低血糖状態になった時に血糖値を上げるための「アドレナリン」などのホルモンが分泌されますが、これらは「交感神経」を刺激します。
交感神経が刺激されると、脳内の視床下部外側屋が刺激されますから、さらなる「空腹感」を感じさせてしまいます。

これらの状況が悪化または継続されていくと、視床下部外側野と視床下部内側野の機能が狂ってしまいます。
狂ってしまった結果が「過食症」となり、「摂食症」へとつながっていくのです。
この二つの症状は全く違う症状のように感じますが、「砂糖」という全く同じ原因によって発症しているのです。

さらに甘いものには満腹と空腹の関係性の他にもう一つ重要な依存要素があります。
それが「麻薬中毒性」です。
 
「砂糖と麻薬中毒」
砂糖を含め甘いものには、麻薬と同じ作用があることを説明していきます。

人間は甘いものを食べると「中枢系」が刺激されます。

その時に大脳辺縁系にある側坐核という「ドーパミンD2受容体」というところで「ドーパミン」が分泌されます。
「ドーパミン」は快楽を感じる神経伝達物質であり、このドーパミンによる快楽を受託する脳の部分を「報酬系」といいます。
この「報酬系」はドーパミンにより快楽を感じますが、ドーパミンが過剰に分泌され続けると麻痺して快楽が薄れていってしまいます。
甘いものを取りすぎれば報酬系が麻痺してしまい、再び同じ快楽を得るためにさらに大量の甘いものが必要になってしまうのです

これってまるで「ドラッグ中毒者」と同じ症状ですよね。

脳の報酬系が刺激され、快楽を得るためにさらに強い刺激を必要とすることは麻薬中毒と全く同じ経路であり、「砂糖は依存性のあるドラッグ」である事は間違いありません。
また、すべての依存性のあるものは、大脳辺縁系にある側坐核のドーパミンD2受容体により快楽を感じますから、糖質依存になってしまっている人は、ほかの依存性のあるものに対しても依存しやすい体質になっているといえます。

これを「相互依存」といいます。
このことを考えると、たとえばタバコをやめたいとするならば、できる限りその他の依存性のあるものからも同時に離れる必要があります。

砂糖や酒も同時にやめることがとても効果的なのです。

健康な人と不健康な人が二極化することがこの関係からもよくわかりますね。

これらを理解すれば、「糖質依存」から抜け出す事がとても難しいことだとわかりますよね。
前回の褐色脂肪細胞の件もありますから、いきなり「断糖」に挑戦するのは中々に難しいんです。
経験者の僕がおすすめする方法を提示してみます。

まず、砂糖の多いお菓子や清涼水をやめること。
そして、カップ麺等の植物性油脂を極力減らす事。
その代わり、お肉や魚、自分の大好きな低糖質の食べ物は好きなだけ食べて良い事にします
まずはこれを、1年間続けてみればいいと思います。

余裕がでてくれば、徐々に果糖の含まれるものはやめちゃいます。
こういった生活を1年間続けられれば大分体が出来上がってくるはずです。
そこから、徹底的に「断糖」に挑戦する事をおすすめします。
きっと身体に嬉しい反応が出てきますよ。

お肌が良くなったりスタイルが良くなったり、人生が楽しくなったり。

こうなると甘いものなんて眼中になくなります。

砂糖とバイバイがする事が出来るようになると思います。