· 

インスリンと糖新生

「インスリンと糖新生」

インスリンとは甘いものを食べて血糖値が上昇した時に、その血糖値を減少させるために分泌されるホルモンです。

インスリンは糖を筋肉細胞に取り込ませて、グリコーゲンに変換したり、脂肪細胞に取り込ませて中性脂肪に変換したりして、血糖値を減少させています。

このようにインスリンは食事で摂取した糖分を体のエネルギーに変換させたりしてくれています。

また、人間は食事以外にも糖を作り出す機能を持っています。

それを「糖新生」といいます。

糖新生とは、脂肪や筋肉を利用して肝臓で糖を作り出す機能の事です。

これによって長期間食事をとらなくても、人間の体は血糖値を正常に保ち続けることが出来るのです。

まとめると、食事で摂取した糖分を「インスリン」の作用でエネルギーに変換し、食後においても「糖新生」によって血糖値を正常に保ち続けられているといった感じです。

この「インスリン」と「糖新生」はこれから説明していく糖と体の関係においてとても重要な点になっていきます。

それでは次は糖と体の関係について掘り下げていきます。