· 

作品と作者

脇差鑿
田斎作の鑿です。
削ろう会でもご本人にお会い出来ました。
僕の目に写った田斎さんは穏やかで良い人でした。
この鑿を見ると田斎さんの顔が浮かびます。
だからこそ、この鑿をもっと綺麗に切れ味よく研いで使いたいと思います。
作品には作者自身が写るんですね。

「正しい事を正しくやる」

僕もお客さんにガッカリされないように心に留めておこうと思います。