· 

フェノール樹脂と体への影響について

フェノール樹脂と体への影響

フェノール樹脂は建築材料に多量に使用されています。

構造用合板等に使用されている接着剤などもそうですね。

実際に合板で使われているものは、アルカリ水溶性フェノール樹脂(レゾール)というらしい。

これはホルムアルデヒドとフェノールからなるプラスチックのことなんだそうです。

断熱材としても沢山使用されています。

例えばフェノールフォームやネオマフォームという品名のものです。粉塵に関しても危険性はないとされているが、フェノール樹脂自体を吸い込む事になるのでホルムアルデヒドを吸引しているという事から有害なのではないかなと思います。

 

フェノール樹脂の良い所は熱硬化性樹脂であることです。

安定した物質なので、ホルムアルデヒドの揮発による放出はほとんどありません。

しかし、それでも結露にさらされた合板からはホルムアルデヒドが放出されることがわかっているので、劣化によるものが心配になります。

又、屋根裏の高熱や、高湿度、合板の腐り等の条件下ではやはり心配です。

特に現場加工等では、沢山の粉を吸うことになりかねないので、マスク等の防塵はやはりしたほうがいいでしょう。

小動物実験では、角膜や皮膚、神経系に影響がある事がわかっているようですから、粉塵等が目に付着しないようにメガネ等の装着も考えたほうがよさそうですね。