富山や近県の電磁波測定の依頼について

電磁波過敏症や有害物質過敏症の問題

ああ
ああ

住宅の環境にはいくつかの健康被害を及ぼす可能性があります。

 

一つはシックハウス症候群で知られるホルムアルデヒドなどの有害物質による体調不良です。

これらは、住宅建材に含まれる接着剤などの揮発性物質が原因となっています。長期間に渡ってその影響を受けることで、体がアレルギー反応を起こしてしまい、喘息などの呼吸障害が起きることがあります。一度アレルギー症状が出てしまうと改善が難しく、有害物質過敏症になってしまった方は、有害物質が多く含まれた環境の中では数分で症状がでてしまい滞在が出来なくなってしまうそうです。天然の木からも有害物質が含まれていることはあまり知られていなかったりもします。

 

もう一つは住宅内の電磁波の影響で頭痛や耳鳴り・倦怠感・視力の低下・アトピー・肌荒れ等の症状です。

住宅にはたくさんの配線が貼り巡っているのですが、そういった配線からは微弱な電気が漏れていて、住まいによっては、四六時中そういった電気の影響を受けている可能性があります。特に睡眠中に電気の影響を受けていると、睡眠が浅くなったり、トイレが近くなったり、寝不足になったりします。こういった環境で過ごしているとアレルギー症状が発生して電磁波過敏症が発症する場合があります。一度電磁波過敏症が発症すると改善は難しく、症状がひどくなると、体が拒絶反応を起こしてしまい電気が近くにある場所に滞在できなくなってしまうようです。

住宅内の電気に対する健康問題は適切な対策をとることで問題を解消する事ができます。ただ、最近では携帯電話の電波やWi-Fiの電波が電磁波過敏症の原因である等、誤った知識も多く見かけます。正しい知識を学んで適切な対応をとる事が大切だとおもいます。

こちらの株式会社レジナさんのホームページでもよりわかりやすく解説されています。

こちらのホームページも詳しく解説されているのでおすすめです。

上記のホームページを見ても分からないことや気になることがあればご連絡を頂ければと思います。